公務員試験コミュニティ ホームサイトマップ

近年の公務員試験制度の改正について

ホーム > 近年の公務員試験制度の改正について

平成18年度国家公務員試験より試験制度が一部改正となりました。


スポンサード リンク



平成18年度T種試験の出題内容等の改正について

(1)試験の程度
これまでは、「大学卒業程度」の試験としていましたが、最近では専門職大学院の創設もあり、大学院修了者が今後さらに増えることを想定して、T種試験が「大学卒業段階の知識・技術及びその応用能力を必要とする程度」の試験とされました。

(2)教養試験の出題内容
「英語」や「歴史」に関する出題を増やすほか、古典を題材とした「思想・哲学」に関する問題が新たに出題されます。また、全般に基本的な事項の理解や思考力などが十分に検証できるような出題内容となります。

(3)専門試験(記述式)及び総合試験の配点比率の引上げ、専門試験(記述式)の解答時間延長
様々な知識を関連づけて考える思考力や、問題発見能力、多角的考察力など、実際の政策立案の場面で求められる能力を十分に検証できるようにするため、専門試験(記述式)の解答時間を次のように延長するほか、専門試験(記述式)とともに総合試験の配点比率が引き上げました。
・行政・法律・経済:4時間(従来は3時間)
・その他の区分:3時間30分(従来は3時間)

(4)総合試験
これまでは2題中1題を選択する方式でしたが、理系、文系の枠にとらわれない複合的なテーマを題材とする問題が1題出題され、必須解答となります。また、複数の資料を参考にしながら、課題設定や論理展開を行うような出題内容となり、幅広い視点から総合的に考察する能力が試されます。なお、解答時間(2時間)は変わりません。

(5)人物試験
人物試験は、T種試験の合格者に求められる能力、資質のうち、責任感や対人関係能力など人物面の評価を個別面接により行うものです。平成18年度からは、その信頼性・客観性、妥当性の一層の向上を図るため、「これまでに力を入れてきたこと」、「達成感があったと感じていること」を中心に面接が行われます。

(6)専門試験の改正点(行政・法律・経済)
これらの区分に共通に求められる基本的な専門知識・能力を検証するために、専門試験(多枝選択式)の出題分野に「共通必須科目」を設け、憲法、民法、経済学、財政学から計16題の基本的な問題が出題されることとなりました。また、共通必須科目以外の必須科目と選択科目の構成も一部変更されます。
専門試験(記述式)では、選択科目として「公共政策」を新たに加わります。公共政策は、多種多様な政策課題に対応するため、より総合的、学際的、応用的な視点に立って、幅広く政策に関する研究・分析を行う分野です。
なお、公共政策は2題出題され、法律区分、経済区分ではどちらか1題を選択することとし、行政区分では2題とも選択することが可能な出題方式となります。


平成18年度U種試験の出題内容等の改正について

行政区分の「論文試験」と技術系区分(建築を除く)の「専門試験(記述式)」では、受験者の論理的思考力や文章構成力、表現力なども十分に検証するため、得点化を行います(従来は合否判定のみ)。

試験 試験種目 配点比率
第1次試験 教養択一
専門択一
論文
第2次試験 人物試験
配点比率合計

専門試験の改正点(行政区分)U種行政区分では、受験者の一層の多様化を図る観点から、「専門試験(多枝選択式)」について新たに「心理学」及び「教育学」を出題科目に加えるとともに、必要解答題数の削減を図ることを主な内容とする改正が行われます。
・ 新たに「心理学」及び「教育学」を出題科目に加えます。
・ 民法の出題について、「民法(総則及び物権)」及び「民法(債権、親族及び相続)」として2科目分出題します。
・ 経済系の3科目について、「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」及び「財政学・経済事情」とします。
・ 各科目の出題数を7題から5題に削減して16科目・80題の出題とします(従来は13科目・91題の出題)。
・ 受験者は、8科目・40題を選択解答することになります(従来は6科目・42題の選択)。


詳細について

詳しくは、国家公務員採用試験情報をご覧ください。


スポンサード リンク




おすすめ書籍



コンテンツ一覧

ホーム
集まる
掲示板について
公務員試験情報交換・質問&回答掲示板
官庁訪問掲示板
県庁・市役所情報掲示板

知る
公務員とは
国家公務員T種
国家公務員U種
国税専門官
労働基準監督官
防衛庁職員U種
裁判所事務官U種
国立大学等職員
地方公務員上級
市役所試験
近年の公務員試験制度の改正について

学ぶ
試験科目について
憲法
行政法
民法
刑法
労働法
経済原論
財政学
経済史・経済事情
経営学
政治学
行政学
社会学
国際関係
商法
会計学
社会政策・社会事情
社会・時事
判断推理
数的推理
資料解釈
日本史
世界史
地理
思想
物理
化学
生物
地学
数学
文章理解・国語
文学・芸術

学習法
総論
一般知能
一般知識
政治系
経済系
法律系
会計学

選ぶ
専門学校情報
LEC
資格の学校TAC
クレアール
資格の大原
早稲田セミナー
EYE
伊藤塾
NewtonTLTソフト
ヒューマンアカデミー
Z会
公務員関係の書籍・売れ行きランキング
アマゾンの売れ行きランキングamazlet.com

調べる
国家公務員の種類とその内容
人事院
会計検査院
内閣府
警察庁
金融庁
防衛庁
公正取引委員会
総務省
消防庁
法務省
財務省
経済産業省
国土交通省
農林水産省
環境省
厚生労働省
文部科学省
国家公務員試験のスケジュール
地方公務員の種類とその内容
地方公務員試験のスケジュール
併願について

働く
公務員のやりがい
公務員の待遇

訪ねる
官庁訪問について
官庁訪問の流れ
官庁訪問で結果を出すには

その他
リンク先ブログの更新情報
ブログパーツについて
サイトマップ
スタッフ一覧
ご利用にあたって
リンクの方法
相互リンク募集のお知らせ
プライバシーポリシー
お問い合わせ

公務員試験コミュニティ ホームへ戻る

Copyright (C) 公務員試験コミュニティ All Rights Reserved.