公務員試験コミュニティ ホームサイトマップ

数的推理

ホーム > 試験科目について > 数的推理

ここでは、公務員試験の試験科目のうちの、数的推理についてご説明致します。


スポンサード リンク



数的推理

数的推理の内容は、(1)整数を中心とした数に関する問題、(2)方程式や文章題などの数量関係、(3)図形、(4)場合の数・確率という4分野に分けることができます。

(1)整数に関する問題では、素数や素因数分解、約数・倍数、剰余といった整数の基本性質、n進法が中心となっています。素因数分解は整数における基本であり、特に最近では素因数分解という概念の正確な理解と的確な利用を必要とする問題が多いです。n進法ではその構造の理解が判断推理まで含めて問われています。覆面算や魔方陣の出題は多くはないですが、魔方陣に関しては3次魔方陣(3行3列)、4次魔方陣(4行4列)まではその構造を理解しておく必要があります。

(2)数量関係では、速さや濃度といった典型的な問題以外に、数量の関係を順序立てて分析させる問題が増えています。また、最近では仕事算の一種であるニュートン算の出題が試験を問わず見られています。

(3)図形分野の出題は、図形に関する基本性質や定理を利用して考えるという基礎的問題が中心です。その意味で、判断推理における図形問題が推論的であるのに対して、数的推理における図形問題は分析的であるといえますが、最近では判断推理と数的推理の両分野にまたがった出題も多くなっており、特に立体図形に関する問題では両者の融合的な出題が目立っています。

(4)場合の数・確率では、単純に順列や組合せの公式を当てはめれば解決できるという問題は少なくなってきており、しっかりと正確に数えるというタイプの問題が多いです。また、条件付確率や期待値に関する出題も増えてきています。


スポンサード リンク




おすすめ書籍



コンテンツ一覧

ホーム
集まる
掲示板について
公務員試験情報交換・質問&回答掲示板
官庁訪問掲示板
県庁・市役所情報掲示板

知る
公務員とは
国家公務員T種
国家公務員U種
国税専門官
労働基準監督官
防衛庁職員U種
裁判所事務官U種
国立大学等職員
地方公務員上級
市役所試験
近年の公務員試験制度の改正について

学ぶ
試験科目について
憲法
行政法
民法
刑法
労働法
経済原論
財政学
経済史・経済事情
経営学
政治学
行政学
社会学
国際関係
商法
会計学
社会政策・社会事情
社会・時事
判断推理
数的推理
資料解釈
日本史
世界史
地理
思想
物理
化学
生物
地学
数学
文章理解・国語
文学・芸術

学習法
総論
一般知能
一般知識
政治系
経済系
法律系
会計学

選ぶ
専門学校情報
LEC
資格の学校TAC
クレアール
資格の大原
早稲田セミナー
EYE
伊藤塾
NewtonTLTソフト
ヒューマンアカデミー
Z会
公務員関係の書籍・売れ行きランキング
アマゾンの売れ行きランキングamazlet.com

調べる
国家公務員の種類とその内容
人事院
会計検査院
内閣府
警察庁
金融庁
防衛庁
公正取引委員会
総務省
消防庁
法務省
財務省
経済産業省
国土交通省
農林水産省
環境省
厚生労働省
文部科学省
国家公務員試験のスケジュール
地方公務員の種類とその内容
地方公務員試験のスケジュール
併願について

働く
公務員のやりがい
公務員の待遇

訪ねる
官庁訪問について
官庁訪問の流れ
官庁訪問で結果を出すには

その他
リンク先ブログの更新情報
ブログパーツについて
サイトマップ
スタッフ一覧
ご利用にあたって
リンクの方法
相互リンク募集のお知らせ
プライバシーポリシー
お問い合わせ

公務員試験コミュニティ ホームへ戻る

Copyright (C) 公務員試験コミュニティ All Rights Reserved.